FC2ブログ
慈恩弘国営業日報0080903b
わたしの名前はランバラル
数知れぬ死線をくぐり抜けてきた
ジオン公国の元軍人だ。

宇宙世紀008 9月3日晴れ


ついに夢から覚める時がきた。

わたしは今、
夢の国ディズニーランドからの帰途の
新幹線の中にいる。
目を閉じれば
さっきまでの楽しかった思い出が
まぶたの裏によみがえる。

ああ、帰りたくない。帰りたくないよう。
ネズミの神さま。
どうか私を楽園から追放しないでください。

とは言ってみても無理だろうから、
せめて明日から
期間限定、ディズニー強化営業をします。

2008/09/04 | 未分類 | コメント(33) | トラックバック(0) | page top↑
慈恩弘国営業日報0080903
わたしの名前はランバラル
数知れぬ死線をくぐり抜けてきた
ジオン公国の元軍人だ。

宇宙世紀008 9月3日晴れ


ディズニーランド生活3日めの朝をむかえた。

今日もいい天気だ。

昨日の夜バスルームで洗濯したタオルが
窓辺で浜風にゆれている。


さあ、最後の冒険に
出かけよう。


2008/09/04 | 慈恩弘国営業日報 | コメント(14) | トラックバック(0) | page top↑
慈恩弘国営業日報0080902
わたしの名前はランバラル
数知れぬ死線をくぐり抜けてきた
ジオン公国の元軍人だ。

宇宙世紀008 9月2日晴れ

ディズニーランド生活も2日めになり、
だいぶいろんな事が
どうでもよくなってきた。
2008/09/04 | 慈恩弘国営業日報 | コメント(21) | トラックバック(0) | page top↑
慈恩弘国営業日報0080901
わたしの名前はランバラル
数知れぬ死線をくぐり抜けてきた
ジオン公国の元軍人だ。

宇宙世紀008 9月1日晴れ

ディズニーランドで遊び呆けている夢を見て目が覚めた。
今わたしは、ディズニーランドへ向かう新幹線の中にいる。

先日タニタク農政大臣が献上ししてくれたブドウを、
ハモンが車内の小さなテーブルの上にだした。
思いのほか立派なブドウである。

そしてめちゃくちゃ美味い。
お金持ちの味だ。

わたしたちは、
フラウボウたちにも分けてやるべきだったと言いながらも
ばくばく食べた。

満足した。

フフラウボウたちはタニタク農政大臣がブドウをくれた事を覚えているだろうか。
しかし、覚えていたとしても、食ってしまったものは無かったも同然である。

フラウボウたちには
何かお菓子でも買ってやろう。
2008/09/04 | 慈恩弘国営業日報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |