FC2ブログ
慈恩弘国営業日報0080908
わたしの名前はランバラル
数知れぬ死線をくぐり抜けてきた
ジオン公国の元軍人だ。

宇宙世紀008年 9月 8日 晴れ


その娘が、はじめてわたしにメールしてきたのは、
先月、8月の27日だった。

震える手で打ったであろうその文面には、

我が国の国政だよりを見て、
フラウボウ募集の記事を読み、
ぜひ志願したい。と
書かれていた。


こいつは驚いた。
まさか本当に志願する者が現れようとは。

現在我が国には、
連邦軍の捕虜が5人いる。
フラウボウ3人と、マチルダさん。
そしてアムロ君だ。

フラウボウ2号の友人である4号を除けば、
実は全員わたしが直接捕虜にした
旧知の友人なのだ。

つまりわたしは、
今まで見ず知らずの人間を雇ったことが
無いのである。

とはいえ、
人手が足りない我が国にとって、
大歓迎である。


さっそく、
我が国の採用条件を伝えた。

【フラウボウの採用条件】
一つ、成人であること。
一つ、連邦軍女子制服を人前で平気で着れること。

以上だ。


娘はすぐに返事を返してきた。

当方22歳、制服を着ることも全く抵抗はありません。
どうぞ宜しくお願いします。


強い娘だ。

しかし、アラウンド40なおっさんが夜な夜な集まり、
ジーク・ジオンを大声で唱和したり、
哀・戦士を熱唱したりしている、
我が国の惨状を目の当たりにして、
はたしてその決心が揺らぐことが無いのか、
ためしに店に招いた。


8月31日(日)午後9時すぎ、
清楚なオレンジのワンピースを着たかわいらしい娘が
店のドアを開けた。

彼女である。

「よく来た。
 今日はわたしのおごりだ。
 なんでも食べていいぞ。」

そんなわたしの問いかけに、

「乞食じゃありませんから、
 めぐんでもらう訳にはいきません。」

と、かえしてきたら立派なものだったが、
返事はわたしの予想を超えていた。


「本日は、わたくしのためにお時間をとっていただき、
 本当にありがとうございました。」


わたしは、そばにいたマチルダさんの背中をどついて、

「おい。これは面接か?面接なのか?
 ここは企業か?俺は社長か?就職か?」

「そのようで。」


その娘は、小1時間ほど我が国に滞在した。
出国の時に再び、
ほんとうにフラウボウに志願するのか問うてみたが、
すでに彼女の決意は固まっていた。


9月6日(土)が彼女の初出動の日となった。

少しはやめにフラウボウ3号がやってきた。
つづいてマチルダさん。

店の開店準備を彼女たちにまかせ、
わたしが近所の酒屋さんにお酒を仕入れに行くと、
店のすぐちかくで娘に出会った。

わたしが昼間彼女に送ったメールに今気づき、
こんなところで返事を書いていたようだ。

酒屋から酒を仕入れて帰ってくると、
娘は先輩フラウボウ達に、
店の開店準備を教わっていた。

娘は履歴書を書いていた。
しっかりした字で、
志望動機まできちんと書かれている。


ここまでしっかりしていると、
かえって面白い。


開店時間が迫り、
娘は先輩達にならって、
連邦軍の制服に着替えた。

しかも今は、ディズニー強化営業中なので、
頭にネズミの耳をつけなければならない。

この、訳のわからない扮装をさせられた娘は、

「なんだか想像以上に楽しくなってきました。」と
笑顔を見せた。

店を開けると、
すぐに満席になった。

娘は進んで仕事を覚えようとがんばった。

まず、たこ焼きをがんばって焼いた。
せっかくがんばって焼いたたこ焼きを、
ぽろんぽろん、床に落とした。

奥の座敷、
アバオアクー席にウーロン茶を運んだ。

がちゃーん。ああーっ!

なにやら事件の音がする。
マチルダさんに応援に向かってもらった。


この日はいつになく忙しくなった。
終わってみれば、
売上げは10万円を超えていた。

閉店後、
店内におだやかな空気が流れ、
クルーはそれぞれ客席に座り、
アムロ君が焼いたたこ焼きをつまみながら、
談笑した。


わたしは、
初出動の日がこんなに忙しい営業となり、
がんばった娘の労をねぎらった。

娘は、すこし目を赤らめていた。

「わたし、ウーロン茶をこぼして、
 これも演出のうちですかって言われて
 喜ばれたのははじめてです。」

「よかったなぁ。
 うちのお客さんは、みんなちょっとおかしいんだよ。」

娘は嬉しそうだった。


我が国の公用車の車検でお世話になっているイシジマ整備兵が、
先週、2キロを超える、大量の焼肉用の肉を差し入れしてくれたので、
みんなで分けた。

もちろん娘にもわけてやった。

またこの日、ご常連の忍々准将が
クレーンゲームで大量のチョコレートをゲットしてきたので、
これもみんなで分けた。

マチルダさんの手作りフルーツゼリーも、
余ったので分けた。



さて、今日は売上げが久しぶりに10万円を超えた。
フラウボウたちに、
なにかご褒美を考えなければなるまい。

昨日までは、ご褒美は5人分でよかったが、
今日からは6人分だ。



娘よ、お前は今日からフラウボウ5号だ。



フラウボウ5号は、
たくさんのお土産をかかえて、
初日の任務を終え、

帰っていった。



--------------------------------------------------
本日のクルー
店長:ランバラル大尉、オーナー:ハモン
捕虜:フラウボウ3号、フラウボウ5号、マチルダさん
--------------------------------------------------
お好み焼き「慈恩弘国」
http://www.ms-06zaku.com/

お好み焼き「慈恩弘国」コミュ(登録=国民)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2975500

2008/09/09 | 慈恩弘国営業日報 | コメント(19) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |