お色気帝国物語 《第九話/シナリオ》
050612

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    仮面ライダー・オダギリジョーは改造人間である。

      彼を改造した中野新一お色気帝国は、
   世界征服をもくろむ悪のクリエイティブ集団である。

      仮面ライダーは人間の自由のために、
     今日も中野新一お色気帝国と戦うのだ!

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     《お色気暦 マイナス3年5月5日》




名探偵コナンという人物に心当たりはないが、
中野新一お色気帝国の最終目的は、
世界征服だ。

そして、
君達のいうとおり、
彼の桃が一役かっている。


わたしがはじめて彼に出会ったのは、
もう10年ほど前になるだろうか。

当時わたしがまだ助教授だったころ、
わたしの勤める京都大学の理学部には、
色彩学科があった。

そこに、若くして、かなり変わり者の教授がいた。

話題の中野新一君だよ。


偏屈で人見知りが激しく、
仕事がいそがしいと言っては、
すぐに日記を書くのを
さぼるクセがあった。

そんな彼は、周囲に誰もよせつけず、また、
誰も近寄らなかった。

しかし、
彼とわたしは、十も歳が違うが、
同郷で、同じ東舞鶴高校の出身という事もあり、

よく、東校の体育の先生の悪口を言い合っていたものだった。


おそらく、
学内で彼とまともに相手していたのは、
わたしくらいだったと思う。

やがて、彼の孤立は決定的になった。
とうとう彼の学科を専攻する学生がいなくなってしまったのだ。

彼はますます人を避けるようになり、
学園の裏山の吉田山に勝手に研究室をつくり、
隠とん生活を送るようになった。


しかし、彼にチャンスが訪れた。
2003年、この年の日本色彩学会が京都で開かれる事になり、
はじめて地元で開催される学会に、

彼は学術講演を求められたのだ。


この学会で彼の研究が認められれば、
彼は、ふたたびまともな研究者として、
世間で受け入れられるはずだった、ところが、

そこで彼が語った研究こそ、

「カラーコーディネートによる
 世界征服を実現するための
 バイオホロニクス理論」

だったんだ。



えっ?

ちょっと素人には難しくなってきたのですが、
どういう事です?
色で世界を征服するってこと?
そんな馬鹿な。
ねぇ銭形さん。


しかしジョー君、実際に今の日本は、
彼の率いるお色気帝国の選んだ色に染まっている。
どこもかしこも、いやらしいセクシーピンクに
支配されているぞ。



そうだ。
わたしも医学部の四方教授に指摘されるまで、
関連に気づかなかった。
いや、忘れていた。


その学会での彼のスピーチは、
おおうけで、大爆笑だった。

大爆笑の中。
彼は必死に持論を展開し続けた。

傍聴していたわたしは、こみ上げる笑いを抑えながらも、
彼の気持ちを思うと気の毒でもあった。


肩をおとし、会場を後にする彼をわたしは追いかけ、
わたしは彼に同情の言葉をかけたのだ。

すると彼はこう言った。

「良し」と。

翌年、彼は年会費1万円の学会費を支払わず、
学会から除籍、追放された。

わたしは後日彼に、そのくらいの金貸してやったのにと、
話した。


すると、また彼はこう言った。

「良し。
 わたしはこれで、学会で笑い者にされ、
 追放された科学者になった。
 
 後は、世界一の天才頭脳をもつ
 マッドサイエンティストとして、
 世界征服を目指すだけだね。

 植畑君。
 世界征服をもくろむ悪の総帥の履歴としては、
 こんな感じが、
 かっこいいよね。」と。


「・・・・・・・・・。」


教授。
どういう意味です?


わたしはそのとき、
変わり者の彼の、
いつもの妄言としか思わなかった。
だから、ずっと忘れていたんだ。

そのうち、
そこらじゅうで、例の植物の桃化現象がはじまった。
わたしは農作物の研究者として、
この現象の研究をはじめた。

早い段階で、
これが植物の突然変異や寄生ではなく、
人為的に植え替えられた結果である事がわかった。

しかし、その植え替えられた桃を分析してみると、
普通の桃ではない事がわかった。

わたしはそれらの桃から、
人間の脳細胞に親和性のある、
未知のタンパク質を発見したのだ。


同じく、
最近多発している、
メンコやドッジボールなど、
子供じみた遊びに夢中になって事故死した人間の
検案要請を警視庁から受けていた
四方教授も、

事故死者の、異常な脳内物質の数値に気づき、
その分泌の原因物質の特定を模索していた。


わたしは、四方教授から、
わたしが発見した未知のタンパク質。
植物異常タンパク「カミングアウト2005U」が、
人間の脳に作用し、
極度の快感物質を分泌させている事を聞かされた。

そして、その桃のサンプルを、
わたしは学園の裏山で嬉しそうに桃を栽培していた
中野教授からわけてもらっていたのだ。

わたしたちが事態の核心に気づいた、まさにその瞬間。


おそらく廊下で盗み聞きしていた、
中野教授らに、
わたしたちは拉致され、
秘密基地に連行されて、

毎日24時間、桃を食べさせられたのだ。


おかげですっかりセクシーな気分になり、
分数の足し算もあやしい感じだ。



教授。
つまり、どういう事なのですか?



つまり、
彼の作った桃を食べると、
脳内快感物質が分泌され、
性的興奮が高まる。
やがて、その極度な快感物質の恒常的な刺激のせいで、
脳の理性的分野がじょじょに破壊され、
知能の低下、精神年齢の退行がはじまる。

このままだと、日本中で、
大の大人が、裸でままごとや鬼ごっこをはじめる事になる。


裸でままごとか。
ちょっといいなぁ。

ジョーさんのエッチ。ばしっ。

あいた。



しかし教授。
これが世界征服なんですか?


いや、わたしが忘れていた。
彼のシナリオだよ。


---------------------------------
 後は、世界一の天才頭脳をもつ
 マッドサイエンティストとして、
 世界征服を目指すだけだね・・・・。
---------------------------------


高校時代の彼の成績はあまり良く無い。
それは今も変わらないだろうし、
彼は自分が興味をもったこと意外勉強しない。


そんな彼が世界一の天才頭脳をもつ
マッドサイエンティストになる方法はただひとつ。

自分以外の人間の知能を下げる事だ。



ええ~~~~~~っ!\(◎o◎)/!



名づけて、「逆、謙譲語作戦」!



自分を低めて相手を高める?

いや、相手を低めて自分を高める。



そんな・・・・・。



この作戦が成功すれば、
中野教授は自動的に世界一の頭脳を持つ事になる。





ひ、ひどい話だ。



銭形さん。
行きましょう、京都へ。

よし、京都府警にも協力を要請しよう。
ジョー君。
いよいよ決戦だな。

はい。


ジョーさん・・・・・。
2005/06/12 | お色気帝国物語 | コメント(15) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
eW09b8 <a href="http://rycnqaftzfqk.com/">rycnqaftzfqk</a>, [url=http://vtbwkgnwdbyx.com/]vtbwkgnwdbyx[/url], [link=http://zdrhlvyddefd.com/]zdrhlvyddefd[/link], http://wivccwuoauen.com/
2011/12/07 16:32 | URL | utbvocx #jnCXJfUM [編集] | page top↑
8AhPWx <a href="http://xnaybcnbjemq.com/">xnaybcnbjemq</a>, [url=http://tjkiyspfhbxm.com/]tjkiyspfhbxm[/url], [link=http://yhtgkjnrlulq.com/]yhtgkjnrlulq[/link], http://gfubpmipjkfm.com/
2011/12/25 21:24 | URL | knsypgxljk #Oc2YNwak [編集] | page top↑
Nr2Dab <a href="http://srfosncedhnt.com/">srfosncedhnt</a>, [url=http://pjiibpbwtkxh.com/]pjiibpbwtkxh[/url], [link=http://pflttqeqroxa.com/]pflttqeqroxa[/link], http://gpwqguxmnufu.com/
2012/01/10 06:42 | URL | elzmtditp #IuJFIBqc [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 10:28 | URL | LdNlfPdrpg #uKm9GPH. [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 14:23 | URL | OZAiIXWyfwBfkJ #GMju.j9A [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 18:19 | URL | SVQSeaUSD #M.JwKOJ2 [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 22:16 | URL | ZciFdwYgcdLedszlOd #zuM4lmpU [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/08 02:24 | URL | aPgijpWs #UO48FhYc [編集] | page top↑
aQ6SIY <a href="http://rvubopyhmftv.com/">rvubopyhmftv</a>, [url=http://wgefgnodyjev.com/]wgefgnodyjev[/url], [link=http://jrtktkksejzb.com/]jrtktkksejzb[/link], http://zvdhppfkamvf.com/
2012/02/09 12:44 | URL | vucqbrvf #bXFoQtUw [編集] | page top↑
e,
2012/02/12 12:23 | URL | name #b3eQAUr. [編集] | page top↑
c,
2012/02/12 14:30 | URL | name #9kP1NYnY [編集] | page top↑
e,
2012/02/12 16:41 | URL | name #WYr9fjcU [編集] | page top↑
e,
2012/02/12 18:57 | URL | name #cQ/mhSxE [編集] | page top↑
d,
2012/02/12 21:21 | URL | name #xwxxNSB. [編集] | page top↑
e,
2012/02/12 23:50 | URL | name #ZDovU4dk [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |