慈恩弘国営業日報0080917
わたしの名前はランバラル
数知れぬ死線をくぐり抜けてきた
ジオン公国の元軍人だ。

宇宙世紀008年 9月 17日 晴れ


ここは、
中央アジアの西の果て、
カスピ海を渡ってしばらくいったとこらへんの

マ・クベの鉱山基地。



ちーん。

「いい音色だろ?」

「はい。良い物なのでありますか?」

「北宋だな・・・・。」

「は、ランバ・ラル大尉にはおおせの通り伝えておきました。」

「そうか。」


「マ・クベ大佐」

「なんだ?」

「諜報員から新たな情報が入りました。
 木馬と思われる船が方向を変えました。」

「好都合だな。私の鉱山から離れてくれる。」
「待てよ。ウラガン、ランバ・ラルに教えてやれ。
 奴が木馬を早く始末してくれれば、
 この辺りをうろうろされることもなくなる。
 とにかく私が発掘した鉱山の実態を
 ドズル中将に知られるのはまずい。」

「はっ。」

「フフフ・・・ハハハハハ
 ハーハハハハハハハハ。」

「マ・クベ大佐?」

「なんだウラガン。まだいたのか!」

「は、ちょっとその壷、いいですか?」

「こら、きたない手で触るな。やめろ。
 あっ、落とすなよ。」

「うーん。」

「なんだウラガン、
 お前にこの壷の価値がわかるのか?」

「これはたしかにいいものですが、
 北宋じゃありませんねぇ。」

「なんだと?
 どこを見て言ってるんだ。」

「ここですよ、ここ。
 雲堂手っていうんですがね、
 人物や楼閣が描かれてる背景に、
 ほら、渦巻き状の雲が描かれてるでしょ。
 一見、元様式のようにも見えますが、
 まあ、十中八九、明代のものでしょう。
 ましてや北宋なんてとんでもないですね。」

「無粋な、お、おまえに、なにがわかるのかっ!
 えらそうに。
 生兵法は出世に影響するぞ。」

「でも大佐、いいものですよ。
 一応、景徳鎮ですからね。」

「そ、そうだ。景徳鎮だ。
 景徳鎮だとも。
 どうだ、いいだろう。うらやましいかっ。」

「まあねぇ。
 でも景徳鎮とはいっても、
 これは民窯のものですな。
 大佐もご存知のとおり、
 景徳鎮には、官窯と民窯がございます。
 民窯は官窯にくらべ、
 技術的にかなり劣ってますからねぇ。」

「なんだと!そんなのわかるもんか。」

ちーん!ちーん!ちーん!ちーん!ちーん!ちーん!

「いい音だ、いい音。いい出来だ。」

「ほら大佐、このへんの模様。
 全体の形。
 どう見たってイスラム好みですよ。
 この壷は、中国の明の時代に、
 イスラムの人たちに買ってもらうために作られた輸出品。
 ま、日用雑器ですな。」

「ううううううううう。
 くそう。これならどうだ。」


ばさあっ。


「応挙ですか。」

「さすがウラガン君。お目が高い。」

「恐ろしいニセモノですな。」

「なにぃーー!」

「ほら、よく見てください。
 網点が見える。しかも版ズレ。
 印刷ですよ。
 いわゆるポスターですな。
 こんなもの、いくらで買わされたんです?」

「き、貴様ー!
 なら、こ、これでどうだー!」


ばさあっ!


「何ですか?これは。」

「ふふ、ウラガン君。
 さんざん偉そうに講釈してたくせに、
 若冲も知らんのかね。
 伊藤若冲。
 みろ、今にも動き出しそうな躍動感のあるニワトリじゃないか。
 若冲はな。
 それまでの日本画になかった
 革新的な技法をつぎつぎあみだしていったのだよ。」

「大佐。
 若冲がいくら進歩的な「奇想の画家」だったとしても、、
 わたしの知っているかぎり、
 油絵にまでは手をだしておりませんなぁ。」

「きょえーーー!こいつー!
 どこまでわたしを愚弄する気かっ!
 ちょっとこっちへ来い!」

かつかつかつかつかつかつかつかつ。

ぴっ。
ぽちっ。


ごごごごごごごごごごごごごごご。


「おお~。」

「どうだウラガン君。
 恐れ入ったか。
 この骨董の数々を売りさばけば、
 ジオンはあと10年は戦える。」

「大佐。
 ドズル閣下の目を盗んで何をやっているかと思えば、
 こんな古いものを・・・・・。
 そうか、酸素欠乏症にかかって・・・・・。」

「はーはははははははは。
 連邦軍ばんざーい!
 連邦軍ばんざーい!

 連邦軍、ばんざーい!」


つるっ。

「あぁーーーーー!」

がんっ!ごんっ!ばんっ!ごんっ!
どさっ。



「ギャンふん。」


--------------------------------------------------
本日のクルー
店長:ランバラル大尉
--------------------------------------------------
お好み焼き「慈恩弘国」
http://www.ms-06zaku.com/

お好み焼き「慈恩弘国」コミュ(登録=国民)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2975500
2008/09/18 | 慈恩弘国営業日報 | コメント(12) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
ウラガンがこんなに地球の文化に詳しいとは驚きましたw

人は見かけによりませんね。

それに比べマ・クベ大佐は…人を見る目も物を見る目もなかった訳ですな。

大尉も苦労された訳ですなヾ( ´ー`)

2008/09/18 11:15 | URL | ファングいけお #mDfyvCs2 [編集] | page top↑
#ファングいけお さま


苦労しました。


2008/09/18 22:39 | URL | ランバラル #- [編集] | page top↑
>> 網点が見える。しかも版ズレ。 ←ここ!
>> 印刷ですよ。

うけました(笑)
ウラガン、将来は老眼確定ですね(笑)
2008/10/01 13:00 | URL | DKOM #KRLzGGpg [編集] | page top↑
#DKOMさま

わたくしも、視力は1.5なのですが、
40歳にして、老眼でございます。

まあ、そんなに近くの敵を撃つことは
ございませんので、

ゲリラ戦には影響ございませんが、
グフを操縦を操縦するとき、
モニターの小さい文字が見えにくくなってまいりました。
2008/10/05 10:11 | URL | ランバラル #- [編集] | page top↑
IYmT5J <a href="http://eacrwdmfeflh.com/">eacrwdmfeflh</a>, [url=http://ahvglnblpyye.com/]ahvglnblpyye[/url], [link=http://huxqoxnbavdl.com/]huxqoxnbavdl[/link], http://ndlwimtogpeg.com/
2011/12/07 15:03 | URL | byofgdk #fbyEpzhU [編集] | page top↑
AqGiOQ <a href="http://hlzacmggzxdx.com/">hlzacmggzxdx</a>, [url=http://kcjutbbiddoi.com/]kcjutbbiddoi[/url], [link=http://gxzgrqixxlek.com/]gxzgrqixxlek[/link], http://nqqsnrmwjvyi.com/
2011/12/25 21:09 | URL | fjxnmdkzo #4Vp2zBuQ [編集] | page top↑
l1yQk1 <a href="http://rrbcqpziurlb.com/">rrbcqpziurlb</a>, [url=http://rytcfegmscwf.com/]rytcfegmscwf[/url], [link=http://ljuavnakyufs.com/]ljuavnakyufs[/link], http://gzvdkouxaymf.com/
2012/01/10 06:30 | URL | zplllwihu #kY.KiyCs [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 10:27 | URL | qjcnRtebe #HQMnSAWU [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 14:20 | URL | IUiCeTYwDtIQXhd #ZZ.V06WY [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 18:16 | URL | ZoVnKvbPzygow #RIVguTgw [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 22:13 | URL | CMSUOmpzgP #CEOD7dnk [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/08 02:22 | URL | YFeVnfVkpsSrKfL #Pbv93zow [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |