ぷるるん戦士奮戦記「日本諸鬼」 第三十三話:お母さんの心世界
▼ここは猿渡さんのお母さんの心世界。
大鬼シュキを倒したわたしたちは、
猿渡さんのお母さんの心に憑いた鬼を退治するため、
猿渡さんのお母さんの心の中の世界にやってきた。

▼犬飼さんは、
シュキとの戦いで大怪我を負い、
病院で治療を受けている。

ここにいるのは、
私と、猿渡さんと、
鳥居さんの3人だ。

▼ほんとは、わたしたちも、
病院に行って手当をしてもらわないと
いけないほど傷ついているんだけど。

お母さんを心配する猿渡さんを
誰も止める事はできなかったので、
あの戦いの後すぐに
ここへやってきたのです。

▼猿渡さんのお母さんの心世界は、
現実の世界とまったく変わらなかった。
いつも見慣れた街の景色がそこにはあった。

空は五月晴れ。
梅雨の合間のさわやかな空は、
とても澄んでいて気持ちがよかった。

▼猿渡さんの家でもある、
おさる食堂があるのは、
修学院商店街の中だ。

商店街は小さいながらも
アーケードになっており、
買い物をする人などで、
そこそこ賑わっていた。

なにもかもが平和そのものである。

▼わたしたちはアーケードをくぐり、
商店街の中を
おそらく猿渡さんのお母さんのいる
おさる食堂を目指して、
3人並んで歩いていた。

(猿渡)
ごめんね。
一緒に来てもらって。

(鳥居)
ううん。
気にすんな。
それより花。
あんたが一番傷ついてるみたいだけど、
大丈夫か?
足、だいぶ悪そうだけど。

(猿渡)
シッドさんって思ったより名医ね。
血は止まったし、
傷も、見た目ほど痛くないのよ。

(鳥居)
そうだな。確かに。
でもこれって麻酔のせいだろ。
あの人、自分で止血と麻酔しか
できないって言ってたし、
それってさぁ、
根本的にはなんにも治ってないって
ことだよねぇ。

(猿渡)
そうね。
後でちゃんとしたお医者さんに
診てもらおう。
それよりさ、
ねえ望月さん。
わたしたちのカッコ。
もうちょっとどうにかなんないの。

ここが現実じゃないってわかってても、
恥ずかしいよ。
うちの近所だもん。
町内の人みんな見てる。


▼下町の商店街を裸同然の若い女が
3人並んで歩いているのだから目だってしょうがない。


(卯乃)
わたしだって恥ずかしいよ。
ねぇウサギさん
どうにかなんないの?

(ウサギ)
見た目なんてどうだっていいじゃないか。
みどもなんて
いつも一糸まとわぬ裸んぼうなのだぞ。

(卯乃)
妖怪と人間じゃあ、
神経のデリケートさがちがうのよ。

(ウサギ)
妖怪ちがう。
神の使い。
失敬なやつだなぁ。
そんなに気になるんだったら
変身解いたらいいじゃないか。

(卯乃)
えっ?
変身解いてもいいんだ。

(ウサギ)
もう世界の壁は越えてるからな。
でもどうせ戦う時は変身するんだから、
そのままでいいんじゃないか?
感覚も鈍るし、
鬼が現れても気づかないぞ。

(卯乃)
そうね。
じゃこのままで。

(猿渡)
わたし嫌。
変身解除。
プルルン・クプルプ・チャマヘス・バカム・変身終わりっ!

ズバウウッ!

(鳥居)
ずるい。
わたしも。

プルルン・クプルプ・チャマヘス・バカム・変身解除。

ズバウウッ!

▼変身を解いても大丈夫だという
ウサギの説明を聞くや否や、
たちまち変身を解く猿渡と鳥居。
戦闘衣の中に溶け込んでいた神獣、
小猿の鉄男と、小鳥のクインマンサが
飛び出してきた。

(猿渡)
あ、鉄ちゃん、ひさしぶり。

(鳥居)
わたしのクイン、
何処にいったのかと思ってたら、
服の中にいたのか。

(卯乃)
ええーっ。
そんなー。
みんな元にもどっちゃうの?
わたしだけバニーガールでバカみたいやーん。
プルルン・クプルプ・チャマヘス・バカム・元に戻れっ!

ズバウウッ!

▼結局3人とも変身を解除し、
元の女子高生に戻ってしまった。
あきれるウサギ。


(ウサギ)
ふっ。
やれやれだぜ。


▼そうこうしているうちに
猿渡の実家、おさる食堂についた3人。

▼おさる食堂は、間口が4メートル弱の
木造の古い町屋を改造した食堂だった。
小さな軒の一文字瓦の上に、
「おさる食堂」と書かれた看板があった。

(鳥居)
ここだね。

(猿渡)
入るよ。

ガラガラ。

(猿渡の母、葉子)
いらっしゃーい。

▼引き戸を開けると店の奥から
猿渡の母のあかるい声が聞こえた。

▼店に入る3人。
店の中には常連の客が一組。
一つのテーブルに2人が座っていた。

▼卯乃たちが入ってきたので
店の厨房から水の入ったコップを持って
出てきた猿渡の母。

(母)
いらっしゃーい。
あれっ?
花子かいな。学校どうしたん?
もう帰ってきたん。

(卯乃)
この世界にも
やっぱり猿渡さんいるんだ。

(鳥居)
今学校に行ってるみたいだな。

▼心世界の母に弁解する猿渡。

(猿渡)
あ、言ってなかったっけ?
今日午前中で授業終わりやったんや。

(母)
そう。
翼ちゃん。いらっしゃい。
お久しぶりね。
こちらのお友達は?

(猿渡)
あ。この人友達じゃないの。
ちょっとした知り合い。

(母)
あ、そう。
あなた、どこかでお会いしたかしら。

(卯乃)
いえ、はじめまして、
望月卯乃です。
猿渡さんには、
いつもいじめられてます。

(母)
えっ?
花子があなたを?
ちょっと花。
どういうこと。

(猿渡)
でたらめよー。
ちょっと望月さん。
なんてこと言うのよ。

(卯乃)
だってほんとだもん。

(母)
翼ちゃん。
ほんとなの?

(鳥居)
まあ、本当です。

(母)
花っ。
あんたはほんまに誰に似たんや!

バシッ!

▼お母さんに肩をたたかれる猿渡。

(猿渡)
あいたっ!
だって、だって。

(母)
だってやない。
高校生にもなって同級生いじめるやなんて。
あんた子供か!

(猿渡)
子供だよっ!
お母さんの子供だよっ!
だからじゃない。

(母)
えっ?

(男)
じゃまするでー。

ガラガラ・・。

▼その時、いかにもヤクザ風の男が店に入ってきた。
▼細いサングラス、ピンストライプの黒いスーツ。
背丈は170センチほどで細身。
大物の貫禄は無い。
一見してチンピラだ。

(ウサギ)
卯乃。現れたぞ、こいつがこの世界に棲んでる鬼だ。
猿の母親を喰いに来たんだ。

(卯乃)
猿渡さん。

(猿渡)
聞こえてる、わかった。

▼用心する卯乃たち。じっと男の挙動をうかがう。

(母)
いらっしゃいませ。
何にいたしましょう。

▼入ってきたその男に水を出して
声をかける猿渡の母。

(男)
エスカルゴあるか?

▼ヤクザ風の男の無茶な注文に
こまった表情をする猿渡の母、葉子。

(母)
あいにくエスカルゴは置いてございません。

(男)
じゃあ、ツバメの巣。
ツバメの巣はあるかい?

▼因縁をつけるヤクザ風の男の言うことを聞いて
猿渡が卯乃に耳打ちする。

(猿渡)
いつかの誰かさんと
おんなじ事いうたはるわ。

(卯乃)
その節はどうもごめんなさい。

▼困り果てた猿渡の母が男に弁解をする。

(母)
申し訳ありません。
うちにはそんな高級なものはございせん。

(男)
なぁーーんだ。
なんにもねぇなぁ。

▼そう言うと店内にいた常連の2人にからみだす
ヤクザ風の男。

(男)
あんたら、何食ってんの?
ねぇ、何食べてんのさー。

(常連)
えっ?
唐揚げ定食とビールですけど。

(男)
へっ?それ唐揚げなん。
犬の餌ちゃうの?
ようそんなん食うなぁっ!

ドカーーーン!

▼突然、ヤクザ風の男が
足で客席の椅子を蹴り倒した。

(常連)
ひっ!
よ、葉子さん、また来るわ。
これ、お勘定。
ここ置いとくよ。

(母)
あっ、ちょっと。

(常連)
またな、じゃ。

▼いそいそと店を出ていった常連客。
▼猿渡の母がヤクザ風の男に向き直り文句を言う。

(母)
ちょっとお客さん。
他のお客さんに迷惑じゃありませんか?

(男)
なんやとー。

ドカッ!

(母)
ああっ!

(猿渡)
あっ、お母さんっ!

▼突然ヤクザ風の男が猿渡の母を突き飛ばした。

ガチャーン!ガチャーン!パリーン!

▼テーブルや椅子が倒れ、割り箸や醤油などが床に散乱する。
▼猿渡がすぐに、倒れこんだ母に駆け寄り男を睨んで叫んだ。

(猿渡)
何すんのよ!

(男)
ありゃあ、お前、この女の
子供じゃねえか。
おかしいなぁ、
さっき学校で喰ったはずなのに。

▼そう言うとヤクザ風の男が口から何か吐き出した。

(男)
ぺっ。

カラカラーン。

▼それは猿渡のメガネだった。

(男)
ほら、
お前のメガネとおんなじ。
お前誰だぁ?
あぁ?

(母)
そ、そのメガネ。
花子のメガネ。

(男)
な、間違えねぇだろ?
お前の子供のやんなぁ。
お前の居場所をなかなか言わなかったから
喰っちまった。
泣いてたぜ。
お母さーん。
痛いよーって。
おかげでここまで来るのに
えらい手間がかかってもうたわ。

(猿渡)
あんた、なんて事を!

(母)
い、いったい何の話してるの?
花子食べたって・・・。
でもこのメガネはまちがいない、
花子の・・・。
あんた、うちの花子に何をしたの!

(男)
だから言ってんじゃん。
食べちゃったって。
なんなら今ここにいる、
あんたの娘さんのそっくりさんも
食べてみせようか。

(母)
この、人で無しー!

▼叫びながらヤクザ風の男に
飛びかかる猿渡の母。

(猿渡)
お母さん近づいちゃだめ。
この鬼の目的はお母さんよ。
お母さんを食べに来たの。

(男)
ちっ。
なんだよこいつ。
知ってんのかよ。

(猿渡)
プルルン・クプルプ・チャマヘス・バカム・変身!

ズバウウッ!

▼猿渡の連れている小猿から発せられる
すごい閃光と暴風。
それらが静まると、
プルルン戦士に変身した猿渡が出現した。

(母)
花子、あんた誰?

(猿渡)
お母さん、わたし花子よ。
別の世界の花子。
お母さんを助けにやってきたの。
翼、望月さん、お母さんをお願い。

(卯乃)
うん。

(鳥居)
さ、お母さん奥へ行きましょう。

▼そう言って猿渡の母を奥の厨房へ
避難させようとする、卯乃と鳥居。

(男)
そうはさせるかー!

▼卯乃たちに飛びかかるヤクザ風の男。

(猿渡)
あんたの相手は私よっ!

▼そう叫んで男の背広の首をつかむ猿渡。
そのまま男を力まかせに壁に投げつけた。

ドガァァァン!

▼男が壁を突き抜け壁に大穴があいた。
店内に土煙が舞う。
その壁の穴のむこうで、ゆっくり立ち上がって
こっちへ向かってくる男。
▼その男の顔が、だんだん鬼の顔になってゆく。
頭が盛り上がり角が出てきた。
▼細身の体に筋肉が付きはじめ、
みるみる盛り上がる背中。
スーツもズボンも、巨大化してゆく肉体に引き裂かれた。

(猿渡)
正体を現したな。

(鬼)
お前に言われたくねえよ。
ぐおぉぉぉぉぉっ!

▼そう叫びながら鬼は拳をふり上げ
猿渡に襲いかかってきた。

ガシィッ!

▼その鬼の拳を片手で受け止める猿渡。
▼すぐに反対の手で猿渡の腹を
えぐりあげようとする鬼。
▼その拳も、もう一方の手で受け止める猿渡。

ガシィッ!

▼猿渡と鬼の力比べ。
鬼の体格は2メートルを優に超えている。

(猿渡)
よくも私を食べてくれたな。
お母さんを悲しませる者は、
絶対に許さない。

(鬼)
ほざけ、餌がっ!

バキィッ!

(鬼)
ぎゃぁぁぁっ!

▼骨の折れる大きな音とともに、
鬼の両手首がへし折られた。
方位神12使徒の中で一番の腕力の持ち主、
猿の化身の本領発揮。

(鬼)
このおっ!

▼形勢が不利になった鬼。
いっきに猿渡を食べようと
大口を開けて頭からかぶりついてきた。

(猿渡)
だーーっ!

バキバキバキイッ!

▼逆に自分から鬼の口に頭を突っ込んだ猿渡。
鬼の牙が全て砕け散り、アゴの骨まで折れてしまった。
石頭も猿の化身の特徴だ。

(鬼)
ぐわぁぁぁぁっ!

▼両手首から骨を露出させ、
その手首と口からドクドクと血を流す鬼。
ぶらんと垂れ下がった手を
かろうじて猿渡がにぎっている。
▼痛くて痛くて半泣きの鬼。
その鬼の目を睨み続ける猿渡。

(猿渡)
だりゃぁぁぁっ!

▼猿渡、いったん鬼の体を引き寄せ、
反動をつけて鬼を店の入り口のほうへ思いっきり押した。
ちぎれそうな手首はにぎったままだ。

ブチブチブチーッ!

(鬼)
ぎゃあぁぁぁぁぁっ!

ドガシャーーン!

▼鬼の両手の手首がちぎれ、
鬼の体だけが店の入り口の戸を突き破って外へ飛び出した。
▼店の中から商店街の道の真ん中でヘタリこむ鬼が見える。
▼商店街に来ていた買い物客や、商店街の店主が、
おさる食堂のなにやらただならぬ騒ぎに気づき
店の前に集まっていたが、
突然飛び出してきた怪物を見てみんな逃げ出した。
▼壊れて大きな穴が開いてしまった入り口をくぐり、
猿渡が鬼に近づく。
その目はやはり鬼を睨みつけたままだ。

シュッ。

ペターン!

▼猿渡が、鬼に歩み寄りながら、
引きちぎった鬼の手のひらを鬼に投げつけた。
手のひらは鬼の顔に当たり、傍らに落ちた。
鬼はもう戦意を喪失している。
心から怯え、傷の痛みに苦しみ、
涙を流しながら顔が引きつっている。
▼もうヘタリこんだまま動けそうに無い。
▼逃げる気力も無い。

シュッ。

ペターン!

▼猿渡がさらに鬼に歩み寄りながら、
残ったもうひとつの鬼の手のひらを投げつけた。

ひっ!

▼手のひらはまた鬼の顔に当たり、
鬼は怯えきった悲鳴を上げた。

▼鬼のすぐ傍まで歩み寄り鬼を見下ろす猿渡。
怒りながら、その目からは涙がこぼれている。

(猿渡)
あんたらぁのせいで、
あんたらぁのせいで、
商店街はめちゃくちゃ。
お母さんは警察に逮捕されちゃったのよ。
お母さんは、ずっと、ずっと、
まじめに一生懸命がんばってきたのに。
わたしとお母さんは二人で、
誰にも迷惑かけんように
ずっとがんばってきたのにいっ。

お前は敵だっ!

33bt454.jpg

▼そう叫ぶと、必殺技モンキーパンチを打ち込む姿勢をとる猿渡。
この弱い鬼に、今モンキーパンチを打ち込めば即死だ。
▼拳にエネルギーがたまり輝きはじめた。

(卯乃)
猿渡さんっ。
だめっ!

▼いよいよ引導を渡される事を悟った鬼が
地面に額を擦りつけ猿渡に懇願しはじめた。

(鬼)
ごめんなさい。
ごめんなさい。
殺さないでください。
ごめんなさい。

(鳥居)
花っ!

▼店の奥から鳥居が叫んだ。


(猿渡)
だったら鬼めっ。
降参するかっ!


(鬼)
は、はいっ!
ま、まいりましたーっ。


▼鬼がそう言って観念したとたん、
鬼の体が輝きだし、鬼の口から今まで食べた人間が出てきた。
この世界の猿渡花子もその中にいた。
そして最後に一粒の真珠を吐き出すと、
鬼の体はみるみる小さくなり、
輝きながらだんだん透明になっていった。
▼やがて輝きが無くなりはじめ、空中をただよい出した鬼は、
もう鬼の姿はしておらず、ちょうど不思議な形の風船のようで、
そのままどこかへ飛んでいってしまった。

(母)
花、花ーーーー!

▼店の奥から飛び出してきた猿渡の母。
鬼が吐き出したこの世界の花子を抱き起こした。
鬼に噛まれて体のあちこちから血が出ている。

(猿渡)
お、お母さん?
わたし・・・。

(母)
花、花ーーー!

▼幸いこの世界の鬼が食べた人間は、全員命を落とすことは無かった。
もちろん、ヤブ医者シッドの活躍があったことは言うまでもない。
二人の花子がいた事や、鬼を目の当たりにした猿渡の母は、
気持ちの整理がつかなかったが、
それ以上に、猿渡と鬼の戦いのせいで、
めちゃくちゃになってしまった店の再建を優先して考えねばならず、
この日の出来事を、よくよく考えることは無かった。
▼現実世界とそっくりの心世界を持つ猿渡の母。
それは、親子二人で生きている毎日が、
もう理想の世界だったのだ。







次回をお楽しみに(^-^)/


ちょっとおっきなイラストはこちらから
     ↓
お前は敵だっ!



ぷるるん戦士奮戦記【日本諸鬼】エンディングイメージテーマ♪
         ↓
http://www.youtube.com/watch?v=AHJ2T0EeiLM&feature=channel



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
~月読神社のおみくじで運だめし~
ぷるるん戦士奮戦記「日本諸鬼」オフィシャルサイト !
http://www.ms-06zaku.com/pururun/

いつでもどこでも、ぷるるんアクセス!携帯用サイト!
http://www.ms-06zaku.com/pururun-p/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

----------------------------------------------------
●お好み焼き慈恩弘国のご予約はこちらまで
info@ms-06zaku.com

  予約フォーマット
  (18:00から19:30分くらいまでに入国)
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  入国希望日:
  入国時間:
  入国人数:
  代表者名(偽名可):
  携帯など連絡先:
  質問、希望など:
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------
●2010年6月の営業日
営業時間/18:00開店、22:30ラストオーダー、23:00閉店

04日(金)、05日(土)、06日(日)
11日(金)、12日(土)、13日(日)
18日(金)、19日(土)、20日(日)
25日(金)、26日(土)、27日(日)

27日(日)(弘法さん特別営業10:00~14:00時)
※新年度よりハッピーサンデー法の施行により
 21日以降の日曜の昼に営業します。
 メニューは量産型ザクカレー800円だけ。
 カレー以外は、
 できるものならなんでも出すってのが経営方針。

※今月のミハル/19日(土):水嶋ミハル
-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------
●今日の寄贈品
このコーナーでは、
帰国したジオン国民からいただいた寄贈品を
適当に選んでご紹介いたします。

20100624エヴァ2

こちらは、
ご常連のヤマシタさまからいただいた
エヴァンゲリオンのエントりープラグの形をした缶です。

初号機のほうにはクランチチョコレート。
零号機のほうにはクッキーが入っていました。

このフォルムですとズゴックの頭にも見えます。
そういえばシャア大佐は、
ジャブローで、ガンダムに頭突きで突っ込んでったけど、
あれ、なにがしたかったんだろう。

結局腕切られてバランスが悪くなってフラフラで
逃げて帰ってきたけど。

ミサイル発射するつもりが、
自分ごと発射しちゃったのかなぁ?


-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------
☆★ジオン領拡大作戦進行中☆★

20100606zeon.jpg

お好み焼き慈恩弘国店舗にてお配りしております、
この「ジオン領宣言シール」を
あなたの所有物に貼って、
ジオンの地球侵略に手を貸そう!

ただし、他人のもの、公共のものには
決して貼らないでください。
連邦軍につけいる好機をあたえ、
戦局が不利になってしまいます。

自分のできる範囲で、
できるだけ人に迷惑をかけない独立闘争こそ、
我らの理想である。

ジーク・ジオン。
-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ◆ フラウボウ募集  ◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
我が国の次代を担うフラウボウを募集しております。
●資 格:二十歳以上の女性。
      金、土、日、のいずれか出勤できる方。特に土日。
      連邦軍女子制服(約9号サイズ)を
      人前で平気で着られる方。
●勤務地:京都市南区東寺の南西角付近、お好み焼き慈恩弘国
●交 通:近鉄東寺駅徒歩10分、市バス東寺南門前徒歩5分
      近鉄東寺駅はJR京都駅(近鉄京都駅)から駅1つです。
●勤務時間:夕方5時出勤、夜10時30分から11時30分退勤
●待 遇:南極条約に基づき優遇、時給850円、交通費1日500円支給
●任 務:お水を出したり、ウィンナー焼いたり、
      世界征服の片棒かつがされたり、
      アホな事を言わされたり、いろいろ。
●その他:シフト制、学業・本業を優先してください。
      連邦軍女子制服支給。まかない有。
●募集人数:若干名
●お問い合わせ→info@ms-06zaku.com
-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------

お好み焼き「慈恩弘国」
http://www.ms-06zaku.com/

お好み焼き「慈恩弘国」mixiコミュ(登録=国民)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2975500
2010/06/24 | ぷるるん戦士奮戦記【日本諸鬼】 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
agjtRc <a href="http://yclayemzkxgc.com/">yclayemzkxgc</a>, [url=http://wihgrrswgity.com/]wihgrrswgity[/url], [link=http://yrnrilveufsb.com/]yrnrilveufsb[/link], http://qcrusxfbpwft.com/
2011/12/07 19:24 | URL | jydzfpms #MQvPu9BM [編集] | page top↑
OeqphG <a href="http://seawwbfzhxvn.com/">seawwbfzhxvn</a>, [url=http://folhzehoazmt.com/]folhzehoazmt[/url], [link=http://bruuajhxfesy.com/]bruuajhxfesy[/link], http://itkgdnqitlzy.com/
2011/12/25 22:04 | URL | zlewtamn #2T4Phujw [編集] | page top↑
xoxMaN <a href="http://pqsvbzztpcil.com/">pqsvbzztpcil</a>, [url=http://wtmvexdmjbmi.com/]wtmvexdmjbmi[/url], [link=http://csnepdmhkbzj.com/]csnepdmhkbzj[/link], http://vtxswvxlzczu.com/
2012/01/10 07:16 | URL | kzedsyu #SPFDbFLc [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 10:35 | URL | XZOftxByJFyIbNGnLl #SjENBKzk [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 14:29 | URL | htEKVlBDqofqTFxk #1eEt6e9E [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 18:26 | URL | EmvQFrRZkSGU #fGjB.6uI [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/07 22:22 | URL | BxvABvAIzSwQQkPyX #S//zuxxw [編集] | page top↑
ap.txt;5;10
2012/02/08 02:31 | URL | zrPKMJChutwOMJ #XPYKMhhA [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |