お色気帝国物語 《第十六話/戦 端》
050907



   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    仮面ライダー・オダギリジョーは改造人間である。

      彼を改造した中野新一お色気帝国は、
   世界征服をもくろむ悪のクリエイティブ集団である。

      仮面ライダーは人間の自由のために、
     今日も中野新一お色気帝国と戦うのだ!

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     《お色気暦 マイナス3年5月15日》


どかーん!
  どーん!ばーん!

ききっ!きゅきゅきゅきゅ!

どどーん!

あの山陰へー!
はいっ!

どーんばーん!

もうすこーーし!
よーっし!
ここからは海を離れるぞ。

よっしゃー!
助かったぁ!

        どーん!

               どどーん!


ふぅ。
おい、ジョー、どうだ。
室井さんとはつながったか?


>ただいま、運転中のため、
>留守番電話に接続します。
>こちらは・・・・ぴっ。

銭形さん。
だめだよ。
室井警視の携帯、
ずっと運転モードでつながらないよ。


なんてこった。
べつに本人が運転しているわけでもないのに、
運転モードにしているとは、
どこまで堅物なんだ。


無線は?


通じねぇよ。
人員のセクシー化で、
職場放棄が後をたたねぇ、
今、警察の、無線中継局が機能してねぇんだ。

もう少し近づいたらよぅ、
直接交信できるんだけどなぁ。


近づくって、どのくらい?

山1つぶん。


OH! NO!



------------------------------------
   滋賀県大津付近 名神高速道路上
------------------------------------



室井警視、このトンネルを抜けたら、
京都東出口はすぐです。

よし、無線をかせっ。

全車両に伝える。
次の京都東出口で高速を降りる。

そのまま国道9号線を西進し、
山科を越えて京都に上洛。

お色気帝国の拠点、
京都大学裏の吉田山を目指す。


警視! 前方500メートル。
高速道路上に巨大障害物。


なんだと?

なんだぁ、あれは?


全車両、路肩に緊急停止。





ウソだろう?

高速道路を・・・・。
祇園祭の鉾(ほこ)が巡行している。



ダッシュボードに双眼鏡があっただろ、
かせっ!

はっ。


鉾だけじゃないぞ。
平安時代やら江戸時代やら、
魚屋に呉服屋に豆腐屋、コンパニオン、芸者、坊主・・・・。
なんて無秩序な集団なんだ。

中には、警察や消防らしき格好の人間もいる。

そして、そろいも、そろって、
セクシーテイスト満載だ。

このコスプレ大行進も、
セクシーブームのせいなのか?



ん?・・・・、
先頭の長刀鉾(なぎなたぼこ)に乗ってるのは、
稚児じゃないなぁ。

ありゃ、葵祭の斎王代じゃないか。
斎王代がムチで半裸の引き手をしばきながら、
鉾を動かしている。

そうか、今日は葵祭だ。
今年の葵祭は祇園祭も兼ねているということか?

しかしあれじゃ、斎王代というより、
女王様だ。
それにしても、しばかれる引き手の幸せそうな顔。
やっぱりセクシー現象のひとつの形なのか?
末期的だ。


警視。
あれを突破して京都に入るのは困難です。
ここはいったん大津まで引き返して、
下の一般道から行きましょう。



よし、いや待て・・・。
鉾の中に、偉そうに座っている人物がいるぞ。
遠くて暗くて、ブレてよく見えないなぁ。

うーん。

ん?

あれは、あのいかがわしいシルエットは。


 わぁー

はー、はははははははははは。 わぁー

♪ズンチャ、ズンチャ、 わぁー  ばんざーい
 ズンタカタッタ、     わぁー

 そーれ、もっと元気に引きな!   ばんざーい
 ひゅっピシー!ピシー!  わぁー

 あひっ、ひーっ!      ジークジオーン!

♪ぴーひゃららー、ぴー、ぴー、 わぁー
 コンチキチン、ぴー、ぴー、   ジークジオーン!
              ばんざーい
 ピシー!ピシー! わぁー

はー、はははははははははは。



お、お色気帝国総帥、中野新一だ!

総員戦闘準備ー!!!!

総員戦闘準備ー!!!!

荒川署のパトカー2台は大津サービスエリアまで戻って、
路上封鎖。
交通規制をかけて、
一般車両を大津出口から迂回させろ。

機動隊整列。
方形陣。

はっ!
1班、2班、3班、下車ー!
整列。方形陣。
ばたばたばたばた。
ガチャガチャガチャガチャ。


10名前へ、  ガチャガチャ
5名づつ左右の山に登って、  ばたばた
潜伏待機。      ガチャガチャ

はっ!

全車両は30メートル後退。  ぶぉおおーん
バリケードを形成。    ききっ!ばたん。
機動隊以外の人員はそこで待機。  ばたばた。
       
全員、抜銃を許可。      ガチャガチャ
発砲はわたしの指示を待て。

機動隊、わたしに続けっ。
前へー進め!

ざっざっざっざっざっざっ。

気合いー!

おおおうっ!

ざっざっざっざっざっざっ。




斎王代。

なにか近づいてきましたね。
あの濃い感じの男は
何者なの?


ルリ子の言っていた。
室井警視と警察の独立部隊だと思われます。
総帥。


そう、
第3護衛艦隊は間に合わなかったのかしら。

ふっ。
まあまあ、いい男ね。
2005/09/07 | お色気帝国物語 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |