慈恩弘国業務日報0080202
宇宙世紀008 2月2日(土)


今日は補欠のフラウボウも、
ようやく見つかった2代目フラウボウも、
来てくれない。


補欠のフラウボウは仕事があるし、
2代目フラウボウは進級制作で忙しいのだ。

しかし、泣き言はいっていられない。
ハモンと二人で、
この難局をのりきってみせよう。

それに、昨日の来客数1人という感じからして、
今日もきっと閑散としたものさ。とおもっていたら、


開店直後、
いきなり4人の男性のお客様がご来店くださいました。

お話を伺うと、
なんと舞鶴から、わが国を目指してバイクで
やってきたということである。

この店を、
一年戦争で日本中に離散した、
ジオン公国民の聖地にしたいという、
わたしの願いが一歩前進した瞬間である。

しかも、なにをかくそう、
このランバラルも生まれは京都府舞鶴市なのだ。

とても他人とは思えない出会いであった。
またのご来店を、
心からお待ちしております。


ほどなく、サイトを見てやってきたという、
元ジオン公国民3人と、
やはり風のたよりで聞きつけた、
元ジオン公国民3人がやってきた。

この時点で、店にはお客さんが10人。


そして、友人のM上等兵がやってきた。
これで11人。

ほぼ満席である。


なぜ、フラウボウがいない時にかぎって。


しかし、来てくれたのは、
みんな同胞である。
ハモンとふたりで、
心からのおもてなしをさせていただいた。

それでもラストオーダーの頃には、
お客さんは、
友人のM上等兵だけになっていた。

例によって、
食べすぎ、飲みすぎを少し後悔するM上等兵であったが、
また来るといって帰っていった。

昨日やってきた常連のN上等兵と、
今日来てくれた常連のM上等兵は、
お互い共通の友人である。

にもかかわらず、この2人が顔を合わせた事が一度も無い。
示し合わせているのか、
運命が2人を引き裂くのか、

ここまですれ違いが続くと、
2人が顔を合わせた時、
決闘でもおこりはしないであろうかと心配になる。


しかし、もし決闘するなら、
ぜひ飲み比べにしてもらいたい。

お互い飲めて楽しいし、
わが国の収益も上がるというものである。


----------------------------------------------
お好み焼き「慈恩弘国」
http://www.ms-06zaku.com/
2008/02/02 | 慈恩弘国営業日報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |